川崎の中心で愛を叫ぶ

妻と子供を観察するtsumaloveの日記

息子(3歳)のネコちゃん遊びが絶賛進化中

こんにちは、Tsumaloveです。

今、ネコちゃんの一大ブーム中なのです。保育園の行き帰りでリアルネコちゃんと戯れ、家ではネコちゃん劇場が絶賛開催中。その舞台は、、積み木のお家。
f:id:tsumalove:20170708145445j:image

これ。ネコちゃん軍団はAmazonで300円位で買った出来の悪い中国製フィギュア。これに、自分とママとお友達を割り当てて物語が始まります、、始まるのです。

 この積み木のお家は変幻自在、頻繁にバージョンアップが要求されます。限られたピースを組み合わせて息子の想像力をかき立てるお家を作る係、それがパパ。
f:id:tsumalove:20170708145946j:image

これは飛行機のお家。操縦席や隠し部屋の設定もあり。ダイニングテーブルの上にご飯がありますね。ペンギンさんはお料理係。ネコちゃんのツブツブご飯(公園から取ってきた謎の実)を作ってます。ご飯のあとはお昼寝タイム。

こちらが最新作の「ゾウさんの集会所」
f:id:tsumalove:20170715012015j:image

ネコちゃんが激論中です。ペンギンさんはやっぱりご飯の係。そんな無限の可能性を秘めた3歳児の想像力に負けじと、パパも日々色々と趣向を凝らしてお家作りを楽しんでます。建築家になりたかったパパの夢が遂に叶った?!

 じゃまたね!

 

dysonのDC62が壊れたのでパーツ購入して復活

 こんにちは、Tumaloveです。

息子がハイハイを始めてから毎日活躍してくれたdysonのスティッククリーナーDC62が約3年で故障、と言うか破損しました。本体部分ではなくモーターヘッドの部分。最も負荷が掛かりそうなのに樹脂のみパーツなんですよね。1年目位に片方の爪がバキッといってましたがそのまま使い続け、遂に両方バキッといってこんな状態に。
f:id:tsumalove:20170708152517j:image

モーターヘッドに給電する電源コード、こんな細いので大丈夫なの?と思うような作り。一体パーツのため修理のやりようもなく、保証期間も過ぎてたので、、、並行輸入版のモーターヘッドだけをAmazonで購入。dysonの集塵力の肝といえるモーターヘッド部ですが、全体の1/10位の値段で買えました。でも元々のヘッドと比べると違うんです。
f:id:tsumalove:20170708152535j:image

左が新たに購入した並行輸入のヘッド。幅が、広い!こっちに交換したら驚きの効果が。掃除する時の重さが全然違うんです。軽くなったんです。明らかに気のせいとか経年劣化とかそういうレベルの違いではない。dysonの最大の弱点は女子供が掃除出来ないこの重さだなーと思ってたのが改善。集塵力はそれ程変わらず、幅広になったぶん掃除効率もアップ。最初からこっちにしとけや!と思う。

 普段の掃除機の掃除では本体部分をバンバン叩いてホコリ取ってますが、3年間毎日使用でバッテリーもち含めて問題なし。海外製は丈夫だね。いや、ヘッド部分はなんとかして欲しいが、、。というわけでdyson復活してまだまだ活躍してくれそうです。

 

 

ダイソン

妻のアイス事情、BLACK編

こんにちは、Tumaloveです。

夏が始まりましたね。冷たいものが美味しい夏が。チョコ好き、アイス好きの妻は「パピコ」「スーパーカップ チョコクッキー」を愛用していたのですが、遂に決定版のアイスを発見したようです。
f:id:tsumalove:20170708153613j:image

赤城乳業のBLACK。妻調べの最強認定。減りが早いなと思ってたら、1日2個食べてた模様。1個だけもらって食べましたが、ぎっしりチョコのわりにしつこくなく、たくさん食べても大丈夫なのかもしれない。妻的には。

でも問題は、、このチョコ、コンビニ以外で見たこと無い。スーパーに売ってない。コンビニでも無いとこある。見かけたら沢山買ってくる妻。そして上の写真のようになるわけですな。

じゃあまたね!

新しい保育園1ヶ月、どうなった?

こんにちは、Tsumaloveです。

保育園代わって1ヶ月経ちますが、超人見知り&甘えん坊な息子はどうなったでしょうか。保育園内での様子は断片的にしか伺い知れませんが、その断片だけ抜き出してフィルターかけて見てみましょう。

まずは登園の様子。頑張って徒歩通園続けてます。基本抱っこをねだる息子をなだめながら、なんとかかんとか。随所に遊びポイントあり、幼児の徒歩でも15分あれば着くはずが毎日30分以上かかります。毎朝同じやり取りが繰り広げられまする。

マンション植栽の横で:枝が伸びてきたから切ったんだよ、と初日に言ったのをずっと覚えてて、抱っこで持ち上げて、ここは?切ってるね〜。ここは?まだ伸びてないから切ってないね〜。と毎日確認作業。

駐車場で①:駐車位置の番号を数える。無駄に行ったり来たり。数字があれば数えたい年頃。

駐車場で②:車止め的なコンクリの上に登って飛び降り(90%パパの力で)、を10セットくらい。体力使うので途中でパパがギブアップ宣言。

バス停車場で:大型バスの洗車機が動いてないのを確認して、「今日も回ってないね〜」。でも月初めの日は動いてるので終わるまでじっくり観察。

戸建ての車の前で:ナンバープレートを読みながらなぞる。自主練に余念がないですね。

コンビニの前で:ゴミ箱に書いてる文字を読む。「もえるごみ」「ビン」「カン」。最初になぜか「カラ」って間違えて言ってたのを覚えてて、「カランじゃないよねぇ〜」と反省会。

ネコちゃん通りで:ネコちゃんが沢山いる通りでネコ探し。見つけたら接近して観察。ゴロンとしてたら自分も同じ格好になろうとする。

ということで毎日遅刻ですよ。歩いてくれると体力作りにも良いので自転車は使いたくないしねぇ。ちなみに下の写真はネコと戯れる息子。
f:id:tsumalove:20170505152900j:image

で、保育園内での様子は限定的ですが、、意外と人見知りしてないかんじ。保育園という限定空間であれば大人の対応できる模様。パパが行ったときはいつも世話焼きの女の子が来るんですよね。「○○くんパパ来たよ〜」「○○くんと手を繋いだの」「ボタン外れてたから留めてあげたの」、、、モテモテじゃないですか息子よ。いや、そういう感じよりは赤ちゃんの世話してるみたいな印象の方が強い?ちなみにうちの息子は4月産まれで年上のはずなのですが、、小さいからね。

でも自分で靴や靴下を脱いで決められた場所に片付けたり、迎えに行ったら遊んでるおもちゃを片付けてから寄ってきたりとさすがの3歳ぶりを発揮。すごいぜ息子氏!(でもママお迎え時は甘え全開) その賢さとベビーフェイスで母性本能をくすぐる能力を駆使して荒ぶる社会を乗り切ってくれたまえ。

 

【斬新な遊び】生花inくみくみスロープ

こんにちは、Tsumaloveです。

帰省しないGWは時間だけはタプーリあったのでブログ更新が捗りますね。ゲームかブログかーみたいな。本日は息子の斬新な遊びについて。

以前からうちにあった造花をよく愛でてたり、お花屋さんごっこしたりやってたのですが、それをくみくみスロープと組み合わせてしまった我が息子(3歳)。ボリュームアップ造花セットみたいな。
f:id:tsumalove:20170505143529j:image

先鋭的アートですね。問題はボールが引っかかってくみくみスロープとしては遊べないこと。でも意外とバランス良くて見た目美しい不思議。本因坊息子氏。しかし花を愛でる男児ほど愛おしいものはないですな。さすがは妻の息子!

また斬新な遊びを始めたらじっくり観察しましょう。じゃあまたね!

ガッテン流食パンにハマる

こんにちは、Tsumaloveです。

皆さん朝は何食べてますか〜?ごはん?パン?うちはその日その日に皆が好きなものを食べるという統一性無いスタイルに落ち着いてます。独身時代はずっとダブルソフト一択、マーガリンは小岩井のヘルシータイプ、ジャムは伊豆シリーズと決まってました。結婚後のフルグラ時代を経て今は日替りローテーション。でも昔からの習性でパンが一番しっくり来る。

うちは至って普通のトースター使用で、その環境で一番美味いのがダブルソフトでした。でも今やガッテン流トーストにハマリンコです。ガッテン流には山型が適さないので安いパンにしてますが、それでもンまい。

作り方は簡単、①まずトースターを予熱、②予熱の間にパンの耳をカット
f:id:tsumalove:20170504055709j:image

③並べて焼く、④微妙に焼き色付いてきたとおもったらスイッチを切りしばし待つ、⑤取り出してマーガリンでもジャムでも付けて食べる!
f:id:tsumalove:20170504055732j:image

ガッテン流から少しだけ僕アレンジ付き。ネックは冷凍パンが使えないこと。パンの日持ちが微妙でも冷凍しない。まぁバルミューダトースターとか買えばいいんでしょうけど、餅等にも活用する事を考えるとトースト専任の高級機は買いにくいね。

 このガッテン流食パン、息子が大好きで何も付けずにペロリと食べる。特に耳のカリカリ感が好きみたい。今やホットケーキよりもよく食べるのです。でもうま過ぎてパパに食べさせてくれないのが問題。2枚焼いたら2枚食べちゃう。息子が起きる前にササッと焼いてササッと食べるしかない。

今のところ安いパンでしかやってないけど、美味いパンでやったら、、美味いんだろうなぁ。

じゃぁまたね。

 

息子のシール貼りを黙認し続けてたらこうなった

こんにちは、Tsumaloveです。

相変わらずシール好きなうちの息子(3歳)です。以前にもブログに書きましたが

あいうえおシールとネコちゃんシールが大好きで、100均やLOFTに行ったら必ず買ってます。本屋さんで見つけたこねこシールに大ハマりで、同じのを2回買いましたよ、、。で、買ったシールは当然どこかに貼るわけですが、息子の自由な表現を尊重して一切怒らず剥がさず黙認しつづけました。そしてビフォー・アフターのアフターがこうなりました。ご覧いただきましょう。ちゃらら〜ちゃちゃ〜ちゃ〜ちゃ


f:id:tsumalove:20170502154933j:image

ふすまには大きなこねこシールをはじめ、ミステリーサークルのようなシールも。目立ちにくいですが、コンセントの下には寝てるネコちゃんも見えますね。


f:id:tsumalove:20170502154309j:image

サッシの下にはあいうえおシールが謎のダイイングメッセージとして。最初は「おやつ」という単語もあったかと思うのですが、いつの間にか貼り替えられてました。

 
f:id:tsumalove:20170502154234j:image

そして壁の高い所にはネコちゃんシールの大軍団。像の鼻のような伸びた所はすべり台だそうです。脚立の上で抱っこさせて貼るという大技です。かなりキツイ。

ということでまだまだ進化途上かもしれない余談を許さぬ状況ですが、 ここまできたら限界まで見届けようかと思ってます。いつの日か息子が覚醒して芸術が大爆発する日が、、、来ないですね。

じゃまたね。